一般病棟へ転職(残業と人手不足でうつ病に)【看護師の紹介事例】

残業と人手不足でうつ病に

臨床7年目の看護師です。

看護学校を卒業して1年目で待望の集中治療室の勤務が決まりました。

当時は嬉しくてやったー!!ってジャンプしたものです。

配属してもらえたから頑張らなくちゃって気持ちが強くて、毎日居残りして医療機器の取り扱いの自主練習、次の日受け持ちの患者さんの情報収集、帰って自主学習の繰り返しでした。

それはそれで楽しかったんですが、私の知らないところで大変な疲労として蓄積されていました。

勤務体制上、16時から9時まで実質仮眠休憩なしの連続勤務、人見知りが強くてなかなか先輩ナースと上手にコミュニケーションが取れなくて苦痛でした。

それでも続けていけばきっと慣れて一人前になれると信じて頑張りました。

しかし慣れてきたかなって思った頃、突然私の身体は動かなくなりました。

過度のストレスと疲労でうつ病になってしまったのです。

看護師として従事している人にうつ病患者が多いことは結構知られていると思います。

2・3交代制の不規則勤務、人手不足による仕事量の増大、インシデントやアクシデントと隣り合わせの毎日でのしかかる負担はとても大きいものです。

私はそれでも仕事を止めたくなくて身体に鞭を打って仕事に出ましたが、1年後とうとう退職しました。

実家に戻って暫く静養させてもらい、再就職を考えたときに母親から「身体を痛めつけてまで働いてどうする?」と言われて、もっと自分にあった職場を探し始めました。

その時に利用したのが、看護師専門の転職支援サービスというものです。

これらのサービスは看護師の側は完全に無料で利用できるので、いくつ登録しても良いんですよね。

それに、こっちの会社には無くても、あっちの会社にはある・・・という求人案件もあるので、いくつかの会社に登録しておくのが良いと思います、

でも、あまりたくさん登録しても、紹介してもらう案件が多くなりすぎて、こちらも対応がするのが大変なので、多くても3ヶ所くらいにしておいた方が良さそうです。

私は、ナース人材バンクと、ベネッセMCMに登録してみました。

ベネッセMCMは、コンサルタントと直接面談できるシステムで、私は自分のうつ病のこととかを、担当コンサルタントと顔合わせしてじっくり相談したかったので、そういう部分がとても心強かったです。

また、ベネッセMCMは、小さな子供がいるひと、ブランクがある人など、こみ入った事情がある人の相談にも対応してくれるところがありがたいです。

とくに東京を中心に首都圏の求人が揃っているので、首都圏エリアでの転職希望のひとにオススメです。

ナース人材バンクは全国展開しているのでネットワークの強さが売りです。コンサルタントの病院側への交渉力が強いのも、私のような休職中の看護師にとって心強かったですね。

私は結局、ナース人材バンクで紹介してもらった、200床規模の病院の一般病棟で働くことにしました。面接時の日程の調整とか、細かい交渉も代行して貰えて助かりました。

まだ、うつ病が完治していないので上司と相談して日勤のみのシフトにしてもらい、忙しいながらも穏やかに仕事しています。


▼一般病棟へ転職(残業と人手不足でうつ病に)【看護師の紹介事例】

【ページの概要】
臨床7年目の看護師です。 看護学校を卒業して1年目で待望の集中治療室の勤務が決まりました。 当時は嬉しくてやったー!!ってジャンプしたものです。 配属してもらえたから頑張らなくち…

集中治療室勤務の看護師です。仮眠休憩なしの連続勤務、先輩ナースとの人間関係、2・3交代制の不規則勤務など、ストレスと疲労でうつ病に・・・。ナース人材バンクでは200床規模の病院の一般病棟の求人を紹介して貰い転職しました。

【NewTopics】
東京の慈恵会大学病院で看護師募集です!・・・東京慈恵会医科大学附属第三病院は、東京都狛江市にある病床数6

Copyright (C) 2011 東京の看護師求人 【年収600万】 新卒、中途採用でも高給与の秘・・・. All Rights Reserved. [admin]